中国青島駐在妻のブログ♡

中国は両替するなら手数料とレートは空港銀行のどっちがお得?日本国内は高い?

この記事は3分で読めます

「今度中国に旅行にいくんだけど、人民元の両替って手数料込みでどこでするのが一番お得かな?」

日本にいる友人からこんなことを聞かれました。

今回は日本と中国のどこで人民元を両替するのがお得なのか、手数料やレート、実際の手間も含めてご紹介します。

sponserd link

中国の両替手数料はどのくらい?

中国のお札人民元


日本と中国では両替の為替レートの表記に次のような違いがあります。


日本では外貨に両替する際にいわゆる両替手数料は為替レートに上乗せされています。


しかし、中国では両替する際には為替レートに両替手数料を徴収されます。
この両替手数料には定額の手数料部分と定率の手数料部分があります。
定率の両替手数料については両替金額が増えると増えるのでわかりやすいんですが、定額の両替手数料は両替金額が少額だと割高になってしまいます。


例えば中国の空港で両替するなら、目安として両替1回につき定額手数料が50元前後、定率手数料が5%くらいかかります。
(ただ高額両替の場合は両替手数料が無料になることもあるようです。)


では、実際の両替レートはどのくらいなんでしょうか?


sponserd link

中国の両替のレートはどのくらい?


2016年3月某日のレートで比べてみました。

・三菱東京UFJ銀行⇒17.80円
・現地の中国銀行⇒17.47円

日本円⇔人民元の両替は日本で両替するとしたら、銀行、外貨両替の専門店、空港などでもできます。
ただ上記のように、日本円⇔人民元に両替するときは中国で両替するほうが一般的に有利です。

では、中国で両替するとしたらどこで両替するのが得なんでしょうか?

中国で両替するなら空港か銀行かどっちがお得?


私の調べた限りでは
この順番でレートがお得です。


1位:中国の銀行
2位:中国のホテル
3位:中国の空港


ただ中国の銀行で両替は混んでることが多いのと、地方都市だと英語は通じない可能性が高いです。
家の近所の銀行も何件か行ったんですが、英語は全く通じませんでした。
パスポートと日本円を見せたらなんとかなると思うんですが、心配な人は通訳アプリ入れておくといいと思います。
(中国人もよく使ってます。不思議な日本語見せられますが。笑)


もし空港からホテルまでの間で現金で元を使うことがないなら、日本で両替をせずに中国で両替することをおすすめします。


私が初めて中国(青島)に来た時は、ホテルで両替をしました。
ホテルは銀行の中国銀行の出張所扱いなのでレートはそこまで変わりません。
私はまだ出会ったことはないんですがあまりに規模の小さめのホテルだと、正規の両替所ではない可能性があるので外資系の大きいめのホテルで両替してもらうと安心かと思います。
ちなみに基本的には、宿泊客だけ両替できるようです。


ホテルの規模の見分け方は


大酒店⇒酒店⇒大飯店⇒飯店⇒旅館


というように名前でわかります。


ちなみに旅館と書いてあるところは
日本でいうカプセルホテルやマンガ喫茶のような位置付けと聞きました。
(中国ではとてもじゃないけど、女性の泊まるようなところではないそうです。)


ということでレートと時間的な手間を考えるなら・・・

個人的にオススメな人民元のお得な両替方法


1位:中国のホテル
2位:中国の銀行
3位:中国の空港


私はこの順番が一番オススメです。

元は100元札が一番大きい札なのでかさばります。
クレジットカードを使えるところはなるべくクレジットカードを使っていくと現金をたくさん持ち歩かなくて済むので便利ですよ!


通貨の種類について知りたい方はこちら。

中国の通貨の種類とレートは?英語でなんていう?



あと、余った元を日本円に両替する時は両替証明書(兌換水平)が必要なので、しっかり保管しておきましょう。
(上限金額は額面の1/2以下で有効期限は6ヶ月です)


プリペイド式のキャッシュカードならクレジットよりも安心!


もし一気に現金両替したり海外でクレジットカードを使うのが不安なら、その都度両替したり支払いもできるプリペイド式のキャッシュカードがおすすめ!


海外赴任で駐在したりだと人民元建てのお給料をもらってる人が多いと思うんですが、


・日本円(ドル建て)でお給料をもらっている人
・これから海外出張に行く人
・これから海外旅行に行く人
・留学中若しくは留学予定の人
・ワーキングホリデーの人

は、こういうカードが一枚あるとレートも有利だし、何よりATMで両替できるので銀行の混雑もさけられます。



キャッシュパスポートをチェックしてみる!


さらにこのカード、Tポイントもたまるんです。
プリペイド式のキャッシュカードの中では、このカードが一番お得だと思います。


また参考にしてみてくださいね。

sponserd link

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書いてる人:エリカ

エリカイメージ

海外赴任している旦那さんを追いかけて、2014年の冬に青島にきました。その後出産で一時帰国し、子どもと一緒にまた2016年に中国に戻ってきました。

初めての海外生活。

中国語も話せない、英語も通じない中で生活をサポートしてくださったのは近所に住んでいたの日本人と中国語の先生でした。

当時まだ見ず知らずの私に、本当に親切にあたたかく接してくださいました。

「私もブログを通じてそういう流れを循環させていきたい」 という思いでブログを書いています。

詳しく見る

クリックしていただけると励みになります(*'ω'*) にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ

Facebookページ

RETURN TOP