中国青島駐在妻のブログ♡

中国青島の治安っていいの?駐妻から見た青島の治安事情。

この記事は2分で読めます

これから青島に行くなら
青島の治安って気になりますよね。

今回は青島の治安や
私が普段から気を付けていることについてご紹介します。

sponserd link

青島の治安ってどんなかんじ?



私の感覚としては
他の国に比べれば、青島の治安はいいほうだと思います。

私は半年くらい暮らしていて
今のところ反日の過激な人に遭遇したり、
スリにあったり、
身の危険を感じるようなことはなかったです。

下ではもうちょっと詳しく説明しますね。

中国人って反日が多いってほんとなの?



私の周りには反日の中国人はいません。

日系企業に勤めている人や
中国語の先生だったりだからかもしれませんが、
親切な人が多いです。

たまに変な人がいるみたいですが、
それは日本でもたまたま遭遇しちゃったくらいの確率です。

反日デモで近所のジャスコがボコボコに壊されたことがあったんですが
今はそのジャスコも元通りに営業しています。


タクシーのおっちゃんも
国際関係の話をふってきたりするんですが
それでもめたりとかも全然ないですね~

反日思想に関してはそんなに心配する必要はありません。
ほんと、日本のテレビのイメージが過激すぎるかんじです。


sponserd link

スリ、泥棒はいる?



私は中国でスリや泥棒にはあったことはないですが、
どこの国に行ってもあう可能性は否定できません。


かばんはファスナーのついているもの、
リュックに貴重品をいれないなど注意したほうがいいでしょう。
もしくはファスナーを開けにくいリュックがいいですね。

中国でも似たようなデザインが流行ってますが
私はこれつかってます。



両手で持たないとファスナーが開けられないので、
こういうリュックはオススメです。


知り合いの中国人に言われたことがあるんですが
リュックを背負っているアジア人は
日本人に見えるらしいです。

たしかに中国人はバス乗るときとか前リュックにしてます。
普通のリュックは前リュックにするなど防犯対策を忘れずに。

夜は飲みすぎ注意!



そもそも青島の飲食店って日本と違って
夜遅くまで空いているお店がそんなにありません。


なので、夜も10時頃になると
街の人通りも少なくなってしまいます。

千鳥足になるような酔っ払いも
ほとんど見かけたことがありません。


深夜12時くらいですが、うちの近所で日本人拉致未遂事件があったこともあります。
さすがに青島でも夜はなにが起こるかわかりません。

もっと深夜になるとビルの広告の電飾すら全部消えます。


どうしても夜遅くなるときは
素直にタクシーにのって家なりホテルなりに帰りましょう。




まとめると

青島の治安はそこそこいいけど
「ここは海外!」という意識を忘れずにいればOK!



ここは海外!という感覚でいたら
危ないことに巻き込まれることもないと思います。


ではでは、青島の旅行、滞在を楽しんでください♪

他にもグルメ情報、オススメホテルなど紹介してます。
もれなくチェックしてみてください!

中国青島のグルメ情報まとめ!
青島市内のグルメ情報まとめました。 私自身がそんなに青島市内に行けていないので、 友人から聞いたおいしいお店情&

中国青島のホテル人気ランキング!おすすめはどこ?
「青島に家族、友達が来る!」 なんてとき、どこのホテルをオススメしたらいいものか迷うのではないでしょうか。 あ&

sponserd link

コメント

    • みあん
    • 2015.12.11

    こんばんわ!アメブロの時から拝見させていただいてましまー!
    私は中国人と結婚していて青島出身なんです(*^^*)娘も今年生まれたのでえりかさんの赤ちゃんと同級生です(*^^*)

    青島二回しか行ったことなく、いずれ住むことになるのでブログ楽しみにしていますね(*^^*)

    • みあんさん

      初めまして!
      いつもみてくださってありがとうございます。
      アメブロから知ってる人、初めてです!!笑

      ご主人は青島出身の方なんですね~(^▽^)
      娘さんのご誕生、おめでとうございます♪
      うちも娘なんです~

      いずれということはまだ決まってないかんじでしょうか。
      私はまだ何年か住むことになるので、育児のあいまにどんどんブログ更新していきますね!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書いてる人:エリカ

エリカイメージ

海外赴任している旦那さんを追いかけて、2014年の冬に青島にきました。その後出産で一時帰国し、子どもと一緒にまた2016年に中国に戻ってきました。

初めての海外生活。

中国語も話せない、英語も通じない中で生活をサポートしてくださったのは近所に住んでいたの日本人と中国語の先生でした。

当時まだ見ず知らずの私に、本当に親切にあたたかく接してくださいました。

「私もブログを通じてそういう流れを循環させていきたい」 という思いでブログを書いています。

詳しく見る

クリックしていただけると励みになります(*'ω'*) にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ

Facebookページ

RETURN TOP