中国青島駐在妻のブログ♡

海外(中国)での妊娠!病院はどうやって選ぶ?

この記事は2分で読めます

中国では通う病院によって
妊婦健診の費用がドーンっと変わってきます。

かといってあまりにも安い病院だと
ちょっと心配ですよね。

今回は私がどんな病院に通っていたか、
その病院の費用はどのくらいかを紹介します。

sponserd link

青島での妊婦検診はどんな病院に通ってたの?


私が通った病院は
日系の病院でも外国人向けのVIP病院でもありません。
上海、北京にはあるみたいですが
残念ながら青島にはどちらもないようです。

ラッキーなことに
病院は医療通訳の会社の人が紹介してくれました。
「日本人が出産したことがあるらしい」
という病院でした。

1回の妊婦健診はどのくらいのお金がかかる?


なので、金額面でいうと
普通の中国人が通うにしてはちょっと高級な病院なのかな、
という印象。

日本の産婦人科を補助券なしで通院したら
このくらいの費用がかかると思います。
(1回500元~1,300元くらい)

妊婦健診は予約できる?


妊婦健診はなるべく予約できる病院を
探したほうがいいと思います。

病院で気になるのはやっぱり待ち時間です。
つわりでしんどい時に病院で何時間も待たされるのは
私も無理だなーと思ってました。

それに妊婦健診のように定期的に病院に行くことが決まっているのに
毎回待ち時間があるのはちょっとしんどいですよね。

私が通院していた病院は
予約制だったので待ち時間はほとんどありませんでした。

時間をおいて検査をしないといけない場合のみ
待ち時間はありましたが、それ以外は全くありません。

検査結果も電話で連絡してくれるようになっていたので
病院で待つストレスは感じずにすみました。

どんな先生が担当だったの?


先生はベテランの女医さんと
若い助手の先生がいつも担当してくれていました。

曜日によって担当の先生は変わるので、
先生の担当日に合わせて次回の健診の予約をとっていました。


病院を選ぶときに特にツテがない場合は
「日本人が通院したことがあるかどうか」を
ベースに探してみるといいところが見つかるかもしれません。

sponserd link

通院はどうしてたの?


通院は私の家からは遠かったので
夫の会社にお願いして、
車で送迎してもらっていました。

妊娠初期はつわりもあったし、
中国のタクシーやバスは運転が荒いので
これにはすごく助かりました。

これは頼めるならお願いしたほうがいいでしょう。
特に妊娠初期は体調も不安定なので
バスやタクシーはしんどいと思います。

青島の産婦人科の病院の場所は?


私が通院していた産婦人科はここです。
※地図はクリックで拡大できます。

玛丽妇产医院的地图(マリー産婦人科医院の地図)

「玛丽妇产医院(マリー産婦人科医院)」
同じ名前の病院が市南区にもあるんですが
私は市北区の病院に通っていました。
市南区の病院も日本人の方が通院してたことがあるみたいです。

もし病院選びに迷ったら
参考にしてみてくださいね。

sponserd link

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書いてる人:エリカ

エリカイメージ

海外赴任している旦那さんを追いかけて、2014年の冬に青島にきました。その後出産で一時帰国し、子どもと一緒にまた2016年に中国に戻ってきました。

初めての海外生活。

中国語も話せない、英語も通じない中で生活をサポートしてくださったのは近所に住んでいたの日本人と中国語の先生でした。

当時まだ見ず知らずの私に、本当に親切にあたたかく接してくださいました。

「私もブログを通じてそういう流れを循環させていきたい」 という思いでブログを書いています。

詳しく見る

クリックしていただけると励みになります(*'ω'*) にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ

Facebookページ

RETURN TOP