中国青島駐在妻のブログ♡

海外(中国)での妊婦健診!日本との違いは?

この記事は1分で読めます

中国の妊婦健診は
日本と違うところもいくつかあります。

今回はその中でもびっくりしたことを紹介します。

sponserd link

ダウン症の血液検査がある!


日本ではおそらく希望しない限りされないと思うんですが、
中国では妊娠初期の間に血液検査でダウン症の検査をします。

ここで異常があれば、羊水検査をするみたいです。

ダウン症の検査といえば
羊水検査しか知らなかったので
血液検査でわかるなんてびっくりしました。


赤ちゃんのエコーは見せてもらえない!


中国の健診では
白黒のエコーは基本的には見せてもらえません。
お医者さんがチェックするだけのためのものらしいです。

私は日本の健診では見たことがあったんですが、
「見たことないからどうしても見せてほしい!」
とお願いしたら、見せてくれました。

4Dでは赤ちゃんの様子も見れますし
顔のカラー写真ももらえます。

sponserd link

エコーは毎回あるわけではない!


日本のように毎回あるわけではないので
赤ちゃんの様子が見られず、ちょっと寂しいです。

あっても結局お願いしないと見せてもらえないんですが
初めての赤ちゃんならエコー見たいですよね。

中国人はあんまり興味ないんでしょうか。
ちょっと気になります。

赤ちゃんの性別は絶対教えてくれない!


「蘇州とか上海のほうの日系の病院は教えてくれるらしい」
と聞いたんですが、青島では教えてくれませんでした。

「日本人だからいいでしょ!」
っと主張してもダメみたいです。

中国のお医者さんは
赤ちゃんの性別は法律で教えられないことになっているので、
生まれる前にどうしても知りたい人は
日本に帰ってからの健診を受けて聞いてくださいね。

sponserd link

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書いてる人:エリカ

エリカイメージ

海外赴任している旦那さんを追いかけて、2014年の冬に青島にきました。その後出産で一時帰国し、子どもと一緒にまた2016年に中国に戻ってきました。

初めての海外生活。

中国語も話せない、英語も通じない中で生活をサポートしてくださったのは近所に住んでいたの日本人と中国語の先生でした。

当時まだ見ず知らずの私に、本当に親切にあたたかく接してくださいました。

「私もブログを通じてそういう流れを循環させていきたい」 という思いでブログを書いています。

詳しく見る

クリックしていただけると励みになります(*'ω'*) にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ

Facebookページ

RETURN TOP