中国青島駐在妻のブログ♡

中国青島の気候と天気は?季節ごとの服装も紹介!

この記事は2分で読めます

これから青島で暮らしたり、
旅行にいくとなると気になるのは気候ですよね。

今回は青島の天気や気候について紹介します。

sponserd link

青島の天気はほとんど晴れかくもり!

くもり空
まず一年間を通して
青島ではあんまり雨は降りません。

冬は東北くらいの寒さですが、
雪もほとんど降りません。

唯一6月頃に梅雨っぽい時期があって
霧なのか、雨なのか
それっぽいものに降られることがあります。

台風も基本的には
年に1回くるかこないかくらいです。

なので、傘は折り畳み傘があれば十分。
一年に何回かは出番があります。

中国人も長い傘よりも
折り畳み傘をさしている人のほうが多いですね。

それもあってか
ジャスコの傘袋も折り畳み傘用のミニサイズです。
(一回長い傘でジャスコに行ったら、
ミニサイズの傘袋しかなくて途中で脱げてました。笑)

sponserd link

外出前に必ずチェックするのは空気予報!


青島では雨がそんなに降らないので
私は梅雨の時期以外は天気予報はめったにチェックしません。

でも必ずチェックするのは
空気予報!!

冬はとにかく乾燥しているので
大気汚染がひどくなります。

数値が200を超えていて
長時間外出するときはマスクをつけます。

近所で買い物したり、ごはんを食べたりするくらいなら
マスクなしででかけます。

300とか400とか明らかに異常値なときは
よっぽどのことがない限り出かけません。

そんなかんじで過ごしています。

青島での服装


中国は公共の乗り物が
そんなに綺麗ではありません。

できれば丸洗いできる服か
汚れてもいいような服で過ごすことをおすすめします。

4月


ダウンコートを脱いた服装で
ちょっとあったかめの上着があればOK。
ただ気温差が激しい時期なので
出かける前に気温をチェックしたほうがいいですね。
風が強い日は4月でもコートがあったほうがいいです。

5月~6月


夏服に薄手の羽織もので過ごしてました。
青島では薄手の羽織ものが大活躍してくれます。

7~8月


完全に夏服でOK!
でも夜は冷えるので薄手の羽織を持ち歩いたほうが◎。

特にお盆を過ぎると秋の気配がします。

9月~11月


実は中国では未体験です。
10月の途中からは
家の中はかっこよくいうと
セントラルヒーティングが入ります。

※暖気(ヌアンチー)と呼ばれる
中国の暖房設備で中国の北部はこれで寒さをしのぎます。
室内の温度は常に20度以上あります。

日本円で1万円/月くらいするらしいんですが、
これがないとたぶん冬は越せません。

12月~3月


この時期は乾燥するし、
外の空気も悪いのであんまり外出しません。
家の中の温度は暖気のおかげでぽっかぽかです。
(日本の家は極寒なので、これはありがたい・・・)
寝るときはTシャツで寝てました。

3月の途中で暖気は終わるんですが
4月までは家の中では結構寒い思いをしました。

外出する時はダウンコート、手袋は必須アイテムです。
手袋がないと生きていけません。
首元はマフラーか、
首元までしっかりカバーしてくれるコートがあるといいですね。

とにかく外気が直接肌に触れないように
防寒してください。

そうすれば、そんなに身構えることもありません。
空気の悪い日はマスクを忘れずに。

私が体験した青島はこんなかんじでした。

もし疑問におもうことや、荷造りで不安な点があれば
コメントやお問い合わせから気軽に質問してくださいね♪

sponserd link

コメント

    • 星っこ
    • 2016.10.13

    エリカ様

    はじめまして星っこと申します。

    夫が青島に出張に行くことになり、青島について調べていてエリカ様のブログに辿り着きました。
    もしご迷惑でなかったら、お時間の大丈夫な時に、以下のことについて教えていただけたら嬉しいです。

    ①10月の青島は、まだ蚊はいるでしょうか?ホテルなどの建物の中にいれば、刺されないでしょうか?
     日本から虫除けを持っていくつもりですが、ディート率が低いため効果があるか不安です。

    ②青島は、ジカ熱などの心配はないでしょうか?
     今、妊活中です。ジカ熱にかかると赤ちゃんが小頭症になる可能性が高くなるそうです。
     ジカウィルスを持っている蚊に刺されることで、人も感染するそうです。
     ニュースで、中国でもジカ熱感染者が出たことを知り、不安になりました。

    ③中国に滞在中に気を付けること(食べ物、感染症、治安など)などありましたら、教えていただけたら嬉しいです。
     肝炎の予防注射などしたほうがいいでしょうか?


    初めてのコメントで、質問ばかりしてすみません。
    お願いいたします。

    • 星っこ様

      初めまして、エリカと申します。
      ご質問に回答させていただきますね。

      ①私自身、青島で蚊にさされたことってほとんどないんです。
      (それよりコバエが多くでびっくりするかもしれません。)
      お仕事で泊まられるホテルで窓を閉め切っていたら、まず刺されないと思います。
      空気のこともあって我が家はほとんど窓を開けません。

      ただご主人様が屋外でお仕事されることが多いなら、虫よけの対策をされると安心かと思います。

      ②中国でジカ熱出たんですね。
      青島はすでに朝晩は寒いので蚊が繁殖して感染拡大・・・とは考えにくいです。


      ③気を付けること
      ・生卵、半熟たまごは食べない(日本人はA型肝炎の免疫がない人が多いため)
      ・腹八分めでとめる(慣れてないとかなりひどい胃もたれに襲われます)
      ・青島ビールは炭酸がきついので、飲み過ぎ注意(げっぷと一緒に吐き気をもよおします)
      ・かばんは自分の前におく。ファスナーがしまるかばんをもつ(財布以外に新型のiPhoneは狙われるかも)
      ・犬に近づかない(狂犬病予防)
      ・横断歩道を渡る時は左から見る、なるべく横にいる人と足並みをそろえて渡る
      ・マンホールの上は歩かない
      ・レシートはその場で確認する(割引忘れとか後ろの人が自分のものを滑り込ませてきたりとかあります。)

      持ち物
      ・ウェットティッシュ(飲食店ではお手拭きがでません)
      ・ポケットティッシュ(ホテル以外のトイレではトイレットペーパーがありません)

      もしこれから出張に頻繁にいかれるなら予防接種をしたほうがいいと思います。
      あと、基本ですが外に出て帰ってきたら必ず手を洗うようにしてます。
      これからの時期は特にうがいもしたほうがいいです。
      空気が汚い日はのどがいがいがします。

      あまりいうとキリがないのですが、日常私が気をつけていることはこんなかんじです。

      またご不明な点がありましたら、遠慮なくご連絡ください♪

    • 星っこ
    • 2016.10.29

    エリカ様

    詳しく教えていただいて、本当にありがとうございました。
    無事に中国から帰ってきました。
    蚊以外にも、気を付けること、持ち物など、有益な情報を教えていただけて、とても助かりました。
    エリカ様に教えていただけたおかげで、準備万端で出張に臨むことができ、夫も快適に過ごすことができたようです。

    ジカ熱は、まだ研究され始めたばかりみたいで、ワクチンもなく、これから妊娠を希望している身としましては、とても怖く、夏場はびくびくと過ごしていました。
    青島ではあまり蚊に刺されたことがないと教えていただけて、安心して夫を送り出すことができました。

    本当にありがとうございました。感謝の気持ちでいっぱいです。

    バタバタしてしまい、お礼をお伝えするのが遅くなってしまい、本当にすみませんでした。
    これからもブログ読ませてください(*^-^*)

    • 星っこ様

      お礼のコメントまでありがとうございます。
      旦那様が無事戻られたようでよかったです。

      またお困りの際はいつでもご連絡ください☆

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書いてる人:エリカ

エリカイメージ

海外赴任している旦那さんを追いかけて、2014年の冬に青島にきました。その後出産で一時帰国し、子どもと一緒にまた2016年に中国に戻ってきました。

初めての海外生活。

中国語も話せない、英語も通じない中で生活をサポートしてくださったのは近所に住んでいたの日本人と中国語の先生でした。

当時まだ見ず知らずの私に、本当に親切にあたたかく接してくださいました。

「私もブログを通じてそういう流れを循環させていきたい」 という思いでブログを書いています。

詳しく見る

クリックしていただけると励みになります(*'ω'*) にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ

Facebookページ

RETURN TOP