中国青島駐在妻のブログ♡

妊娠中に飛行機で海外に行っても大丈夫?空港、飛行機内でのサービスまとめ!

この記事は2分で読めます

妊娠中の飛行機って心配ですよね。
私も産院を決めるために帰国したり、
里帰りで帰国したりしたのでいろいろ調べました。


今回は妊娠中に飛行機に乗った感想や体調の変化、
マタニティサポートについてご紹介します。

sponserd link

妊娠中に飛行機にのれる期間はいつからいつまで?


まず飛行機に乗る前に調べてほしいのが
妊娠中に飛行機に乗れる期間です。

私が乗った航空会社では
妊娠中いつから乗れるかについては
特に規定はないようです。


個人的にはつわりが落ち着いてからのほうが
体の負担が少ないと思います。

いつまで乗れるかというと
臨月(妊娠36週目)までは
医師の診断書なしで乗れる
、とのことでした。

ただ、医療通訳さんから聞いた話によると
どこの航空会社かまではわからないんですが、
里帰り出産で日本に帰国される際に
お腹の大きさだけでは判断できないという理由で
また口頭確認だけではなく、
医師の診断書の提出を求められることも過去にあったそうです。

なので、念のため中国の病院で
「妊娠7ヶ月です。」
と書いてある診断書をもらって帰国しました。
(結局提出は求められませんでした。)

また、妊娠中の飛行機の搭乗については
航空会社によって規定も違います。

必ず航空券を予約する前に
一度確認してみてくださいね。


sponserd link

妊娠中の空港、飛行機内でのサービス


航空会社によっては
妊娠中に飛行機に乗る妊婦さんに対して
マタニティサポートというサービスがあります。

私は中国⇔日本間を一人で行き来したので
一時帰国(往復)と里帰りで3回このサービスを利用しました。

手荷物検査場や出国審査を優先的に通してくれたり
手荷物を持ってラウンジまで案内してくれるので助かりました。
(カメラやパソコンがあったのでちょっと重かったんです・・・)


到着時も同様に入国審査を優先的に通してくれたり
荷物をリムジンバス、若しくは
迎えの人のところまで一緒に運んでくれます。

飛行機内では
特別に気にかけていただいたり、
機内食をベジタリアンメニューに変更できました。
(事前予約が必要です!)

私は妊娠11週の時の一時帰国で
つわりもまだ残っていたこともあって
ベジタリアンメニューは結構助かりました。

ただ体調がずっと万全だったわけではなく
3回のうち1回は飛行機内で吐いてしまいました。
そんなときもCAさんはすぐおしぼりをすぐくれたり、
飲み物をもってきてくれたりしました。

飛行機や空港でのサポートはすごいですが、
飛行機で旅行や里帰りをされる際は
くれぐれも体調を気を付けていってきてくださいね♪

sponserd link

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書いてる人:エリカ

エリカイメージ

海外赴任している旦那さんを追いかけて、2014年の冬に青島にきました。その後出産で一時帰国し、子どもと一緒にまた2016年に中国に戻ってきました。

初めての海外生活。

中国語も話せない、英語も通じない中で生活をサポートしてくださったのは近所に住んでいたの日本人と中国語の先生でした。

当時まだ見ず知らずの私に、本当に親切にあたたかく接してくださいました。

「私もブログを通じてそういう流れを循環させていきたい」 という思いでブログを書いています。

詳しく見る

クリックしていただけると励みになります(*'ω'*) にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ

Facebookページ

RETURN TOP