中国青島駐在妻のブログ♡

海外の妊娠週数と月数の数え方!

この記事は2分で読めます

日本では妊娠週数は
最終月経開始日を0週目として数えて
10か月10日後を出産予定日を計算しますよね。

海外では妊娠週数の数え方は少し違います。

中国で妊婦健診を受けることになったので
私も気になって調べてみました。

sponserd link

海外での妊娠週数&妊娠月数の数え方はこれ!


アメリカやヨーロッパでは
妊娠期間を9か月を数えます。

どんな数え方をするかというと

妊娠第1期(妊娠1ヶ月〜3ヶ月)
妊娠第1ヶ月: 1~4週
妊娠第2ヶ月: 5~8週
妊娠第3ヶ月: 9~13週(5週間)
妊娠第2期(妊娠4ヶ月〜6ヶ月)
妊娠第4ヶ月: 14~17週
妊娠第5ヶ月: 18~21週
妊娠第6ヶ月: 22~26週(5週間)
妊娠第3期(妊娠7ヶ月〜9ヶ月)
妊娠第7ヶ月: 27~30週
妊娠第8ヶ月: 31~35週(5週間)
妊娠第9ヶ月: 36~40週(5週間)

と、このように数えます。

なぜこのようになっているかというと
アメリカやヨーロッパは昔から暦が太陽暦で
日本は昔は太陰暦を使っていたことによるそうです。

今は日本も太陽暦で定着してますが
こんなところに太陰暦も残っているんですね。

要するに
アメリカは1ヶ月を31日で数えるから妊娠期間9ヶ月、
日本は1ヶ月を28日で数えるから妊娠期間が10ヶ月になる、

と覚えておくと頭がすっきりすると思います!

sponserd link

中国でも妊娠週数の数え方は違う?


中国では結果的に
妊娠週数の数え方は一緒でした。

私は最初の妊婦健診は
日本で11週目くらいの時に受けました。

エコーで確認すると赤ちゃんの大きさが
思ったより大きかったようで
週数の計算が間違っていないかもう一回確認されてましたが
結局そのままでした。

中国に帰国してからの妊婦健診は
日本で受けた妊婦健診の約一か月後に受けました。

出産予定日については
「日本で言われた出産予定日と違う場合もあるので
一応見てみましょう」と言われ、
最終月経開始日を合わせて
円盤のようなもので確認してました。

アナログ!!って思ったんですが
コンピュータで計算するのと速さはそんなに変わらないかもしれないですね。

中国では母子手帳ではなくて
一番最初の受診の時にカルテがもらえます。

そのカルテに妊娠の経過を書いていくんですが、
妊娠週数は日本と同じでした。

中国は今も太陰暦で祝日などが決まっていくので
日本と妊娠週数の数え方が一緒なのも納得できますね。

中国でもし「妊娠何か月?」って聞かれたら
日本と同じ感覚で「5か月です!」みたいに
答えておけばOKです。

sponserd link

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書いてる人:エリカ

エリカイメージ

海外赴任している旦那さんを追いかけて、2014年の冬に青島にきました。その後出産で一時帰国し、子どもと一緒にまた2016年に中国に戻ってきました。

初めての海外生活。

中国語も話せない、英語も通じない中で生活をサポートしてくださったのは近所に住んでいたの日本人と中国語の先生でした。

当時まだ見ず知らずの私に、本当に親切にあたたかく接してくださいました。

「私もブログを通じてそういう流れを循環させていきたい」 という思いでブログを書いています。

詳しく見る

クリックしていただけると励みになります(*'ω'*) にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ

Facebookページ

RETURN TOP