中国青島駐在妻のブログ♡

中国の地図アプリはこれ!路線検索もこれでサクサク♪【2017年版】

この記事は3分で読めます

中国に来たら絶対ダウンロードしてほしいのが
「百度地图(百度地図)」というアプリ!

というのも。
日本で一番メジャーなGoogleマップが中国ではほとんど使えないんです。

表示されてもざっくりすぎてわからない!!!
なので、旅行や日常使いするにはかなり不便なんです。

今回は中国で使える地図アプリ「百度地图(百度地図)」のダウンロードから使い方までご紹介します。

sponserd link

百度地图(百度地図)の使い方とは?


①「百度地图(百度地図)」をダウンロード



まずこちらから百度地图をダウンロードします。
(iPhoneとAndroid、どちらもダウンロードできるようにしました!)

百度地图-自驾游出境旅行地图攻略
百度地图-自驾游出境旅行地图攻略
無料
posted with アプリーチ




パソコンや普段の使う端末以外でこのサイトを見ているなら、
検索エンジンで「百度地図」を検索します。


中国語で検索するなら
「bai du di tu」を変換すると検索できます。


そこからアプリをダウンロードします。

②一番上の白枠に行きたい場所を入力する⇒検索をクリック




日本語の漢字や英語でもヒットする場所もありますが、
基本的には中国語のアプリなので中国の漢字で入力しないと候補にあがってきません。

中国語が全くわからない方は、
「中国語の手書き入力」ができるようにしておくと便利です。

参考記事

iPhoneで中国語をキーボード入力する設定方法!これで中国語の勉強スピードもUPする!?
今回はiPhoneで中国語の入力をする設定方法を紹介します。 7つのステップで簡単に設定できます。 中国語入力&

ただ私はこれがじれったくて、ピンイン入力をする習慣をつけました。


最初は時間もかかるしめんどくさいですが、
日本の漢字と一緒のものでも辞書でひいて中国語の読み方を覚えました。
四声はわからなくても、だんだん読み方の予測もできるようになってきます。


駐妻さんや駐在など、中国で長く暮らす人にはピンイン入力がおすすめです!
sponserd link

③行き方一覧がでてくる。



バスや電車を使った一覧がでてきます。
一覧の中のどれかの路線に乗れば、目的地にたどり着けます。

移動がバスではなく、車の場合、自転車の場合、徒歩の場合は
一番上のアイコンで変更できるようになっています。

バスはほとんど1元(高くても2元)なんですが、
天気のいい日や空気のきれいな日は歩いていくと土地勘もついて楽しいですよ。

オフラインで利用したい場合



地図や路線検索はあらかじめその地域のデータをダウンロードしておくことで
オフラインでも使用することができます。

海外旅行や出張など短期間の滞在でwifiのみで過ごす場合は
この機能をしっておくとかなり使えます。

また中国のSIMは従量課金なので
外でのデータ通信量を減らしたい人にもオススメ!

※ダウンロードするときは従量の関係ないwifiエリアで行ってください。

①まず、百度地図を開きます。

②画面左上の人のマークをタップ


③赤枠のところ(离线地图)をタップ


④もう一度离线地图をタップ

※路線検索もしたいときは
离线导航から必要な都市を選んでダウンロードしてください。

⑤ダウンロードしたい都市を見つけたら、右端の青い矢印をタップ


これでオフラインでも地図が使えるようになりました。


どうでしたか?

中国で使える地図アプリは他にもあるんですが、個人的には百度地図が一番使いやすいです。

中国語があまりできなかった時期でも、地図をスクロールして目的地を探したりしてました。
ホテルの名前や外国のチェーン店は、漢字の名前を見ると音や意味が想像できるのでわかることが多いので、
ピンインがわからないうちはこの方法もおすすめです。

中国に来たら、ぜひ百度地図を使ってみてくださいね☆


sponserd link

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書いてる人:エリカ

エリカイメージ

海外赴任している旦那さんを追いかけて、2014年の冬に青島にきました。その後出産で一時帰国し、子どもと一緒にまた2016年に中国に戻ってきました。

初めての海外生活。

中国語も話せない、英語も通じない中で生活をサポートしてくださったのは近所に住んでいたの日本人と中国語の先生でした。

当時まだ見ず知らずの私に、本当に親切にあたたかく接してくださいました。

「私もブログを通じてそういう流れを循環させていきたい」 という思いでブログを書いています。

詳しく見る

クリックしていただけると励みになります(*'ω'*) にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ

Facebookページ

RETURN TOP