中国青島駐在妻のブログ♡

中国青島&黄島のドイツビール専門店「柏斯图德国餐吧」

この記事は2分で読めます

中国版の食べログ「大衆点評」でチェックしていて、
前から行きたいなって思ってたドイツビールのお店に行ってきました。



今回は黄島にも青島にもあるドイツビール専門店「柏斯图德国餐吧」についてご紹介します!

sponserd link

柏斯图德国餐吧のメニューは?



今回は3家族でごはんを食べに行ったのでいろいろ食べられました。


注文した料理のメニューを写真付きで載せていきます!
メニューの正確な中国語名はわからないので、もし同じ物を注文する場合は写真つかってくださーい(*´▽`*)

シーザーサラダ(凯撒沙拉)



シーザーは日本のファミレスレベルのおいしさかな?
・・・とおもうんですが、大衆点評ではやたらオススメされています( ゚Д゚)

メインはこれじゃないんで次々行っちゃいます!!

パン



パンは人数分サービスででてきます!
パテとなぜかマスタードが添えてありました。

パンは普通です。
(中国では普通のパンも貴重だけど←)


ベーコンのような生ハム、サラミ盛り合わせ




やっと肉でてきました!

ベーコンのようなカットですが生ハムでした。
サラミとの盛り合わせ。
肉の加工食品ってほんと香り高いドイツビールに合います。
sponserd link

うずまきウインナー



肉系の料理はどれでも結構おいしいけど、一番美味しかったのはこれ!
あっという間になくなってました。
(娘もかなり食べていたような・・・)
マスタードはつけてもつけなくても美味しかったです( *´艸`)

生ハムとピクルスの盛り合わせ



フライドポテトとソーセージの盛り合わせ



これは薄味なので、っというかなにかつけて食べるかんじ。
最後のほうまでわりと余ってたので印象薄い料理でした。

ウィンナーとマッシュポテトの盛り合わせ



マッシュポテトとウィンナーってドイツってかんじしますね。
どっちもおいしかったです。

注文した料理に順位をつけるなら、これは2番目においしかったです。
やっぱドイツ料理と言えばウィンナーですね。


こうやって写真を並べてみると全部ザ・ドイツ料理ですね。
後から写真見たらほとんどポテトとウィンナーとハムで構成されていうという・・・

もちろんドイツビールとも相性◎!


ビールはHBドラフトを注文しました。
もっと生ビールの種類があるのかとおもいきや、生ビールはこの1種類。
1杯50元でした!(日本並みの値段!)

ジョッキ1杯1,000円弱だと日本でドイツビール飲むのとかわらないですね。


青島はもともとドイツの租借地だったからか、ドイツの商品が安かったりします。レストランもそんなかんじかなっておもったら・・・料理も含めてちょっと高めでした。
(日本でドイツレストランいくよりちょっと安いかな、くらい。)

スーパーで買えるドイツビールの値段を知っているだけに結構強気な値段設定だな~っとか思ったり。

瓶ビールも1杯50元くらいでした。

どれを食べても結構おいしかったです。

料理の量は1人1皿でちょうどいいかんじ。
2人だったら2メニューで終わっちゃうんで、個人的には最低3人以上で行っていろいろシェアしながら食べるのがオススメ!


今回は大人数だったのでいろいろ食べられました♡

2杯目はヴァイエンシュテファン(weihenstephan)


ヴァイスビアでグラスもそのビール専用グラスをだしてくれます。
これも1本50元くらいでした。


上流汇にはプレイグラウンドが併設されていて、食べ終わった子どもを遊ばせてました。
順番でビール片手に子ども見てたので大人も長い時間楽しめました。
子連れ、家族連れにも楽しいお店。

市内にもあるんで大衆点評でもいい評価でてます。
市内のほうはプレイグラウンドがあるかどうかわかんないんですが、黄島のほうにはありました。


sponserd link

柏斯图德国餐吧のアクセス(場所)は?



・上流汇店
黄岛区漓江西路上流汇2楼

・云岭路店
住所:崂山区云岭路10-1号

・馆陶路店
住所:市北区馆陶路2号

今回私たちが行ったのは黄島の上流汇店です。
他にも黄島ジャスコではイベント時出店していたりするのを何度か見かけました。
とりあえず軽く試してみたい人はこういう機会を利用するのもいいかもですね。

ぜひ行ってみてくださいね~(*´▽`*)


中国駐在妻のエリカが海外赴任の準備について解説! メルマガ登録はこちら♪
お名前
メールアドレス
パスワード
sponserd link

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書いてる人:エリカ

エリカイメージ

海外赴任している旦那さんを追いかけて、2014年の冬に青島にきました。その後出産で一時帰国し、子どもと一緒にまた2016年に中国に戻ってきました。

初めての海外生活。

中国語も話せない、英語も通じない中で生活をサポートしてくださったのは近所に住んでいたの日本人と中国語の先生でした。

当時まだ見ず知らずの私に、本当に親切にあたたかく接してくださいました。

「私もブログを通じてそういう流れを循環させていきたい」 という思いでブログを書いています。

詳しく見る

クリックしていただけると励みになります(*'ω'*) にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ

Facebookページ

RETURN TOP