中国青島駐在妻のブログ♡

ANAビジネスクラス体験記!中国までの子供連れ搭乗記。

この記事は4分で読めます

先日の一時帰国はビジネスクラスで中国に帰ってきました。

関空~青島(NH977)なんで3時間弱の短距離便ですが、今後いろいろな事情でビジネスクラスを検討している人もいるかもしれないので・・・

特に子供連れ(1歳9ヶ月)でビジネスクラス乗るかどうか検討中の方のために、今回は子連れビジネスクラス搭乗記を書きます!

sponserd link

ANAのビジネスクラスに乗った経緯





なんで我が家が母子二人でビジネスクラスに乗れたかっていうと・・・
ラッキーアップグレードではありません。

中国に駐在していてANAをよく利用される方はご存知かもしれませんが、今ANAの中国線は就航20周年でビジネスクラスが安く乗れるキャンペーン(プロモーション)をやっています。(席数限定)
たぶん10月くらいまで。


とはいっても普通はエコノミーのほうが安いはず、なんですが!!!

エコノミー席も満席に近くなると最後の1、2席は運賃が上がります。
そのおかげ+このキャンペーンでビジネスクラスとエコノミークラスの値段が逆転している日もあり、会社からのご指示で料金が安いほうのビジネスクラスに乗ることができました(*´▽`*)ウフフ

ANAビジネスクラスのメリット



ビジネスクラスって席広いのと機内食がおいしいだけじゃありません。
ほんとにいろいろ優遇されています。

・優先チェックイン
・手荷物検査でファストレーンが使える
・空港ラウンジが使える
・預け入れ荷物が32kg×2個まで
・シートが広い
・優先搭乗できる
・機内食がおいしい
・洋食か和食か選べる
・シャンパンが飲める(←これが一番嬉しい♡)
・ビジネスクラス、ファーストクラス限定の機内販売がある

(機内販売は事前予約したらエコノミーでも買えるものもあり)

ざっとメリットはこんなかんじです。

特に海外駐在している家族にとって預け入れ荷物たくさん!!っていうの、結構嬉しいですよね♪
(いつも体重計に荷物と一緒に乗りながら、出し入れする中国への帰国前夜。)



ちなみにエコノミークラスでも子供連れ(赤ちゃん連れ)なら、事前の電話予約でファミリーサポートをつけていれば

・優先チェックイン
・優先搭乗
・手荷物検査のファストレーン


は使えます。
マタニティサポートもファミリーサポートとサービス内容は同じ。


特に関空は手荷物検査が恐ろしく混んでいるので、絶対にお願いしています。
(つわり中の時に一回気を遣ってマタニティサポート断ってしまって、立ちっぱなしで長蛇の列に並ぶことになり死ぬほど後悔しました。)


搭乗口orラウンジまで空港スタッフが一人ついてくれて、手荷物も持ってくれるので我が家も毎回使っています。


※ファミリーサポートは親一人、子一人で子供が2歳未満なら事前予約でお願いできます。

sponserd link

関空の空港ラウンジ



ビジネスクラスだと飛行機の搭乗までの待ち時間に空港ラウンジが使えます。
ANAはスターアライアンスなので、スターアライアンス系の空港ラウンジはどこでもOK。
(はしごしてもOK)
生ビールが飲めたり、軽食(カレー、焼きそば、寿司、パン、スープなど)も食べられます。


今回は飛行機の出発が遅れていて(青島便の2回に1回は遅れている気がする)
いつも(より?)ラウンジでゆっくり待っていたので娘は白ごはんとミネストローネを思う存分食べてました。
そのおかげで離陸までは起きていたものの、ほとんど機内では寝てくれました。


ト空港ラウンジはトイレ綺麗だし、専用wifi飛んでるし、電源あるし、ごはんあるしで結構快適に過ごせます。


ANAビジネスクラスの食事(機内食)の内容



関空~青島便だったので料理店が監修しているとかそういうのはなかったんですけど、
日本出発便なのでそれなりにおいしいごはんが食べられました(*´▽`*)
(中国出発便のエコノミークラスのごはんは微妙なことが多い。)



今回は和食をチョイス♪


2017年8月のビジネスクラス機内食メニュー



口取り
・鮪胡麻角煮
・穴子握り寿司
・泉だこの唐揚げ
・紀州うめどりの金山寺味噌焼き

お造り
・鯛湯引き

主菜
カラスガレイ煮付け

御飯
俵御飯

和菓子
つばらつばら

アップで撮影してみました。


お刺身も魚の煮付けも嬉しい♪



感想。
ごはんは葉っぱにつつまれていてしっとりふんわり。
唐揚げは唐揚げ粉っぽい(っとかいったら失礼かな)
ちょっとジャンキーなお味。

デザートのつばらつばらっていう和菓子は上品などら焼き。
あったかい緑茶がよく合います♡

sponserd link

子供(赤ちゃん)の食事内容



とりあえずベビーミールはもらわないと飛行機下りた後が大変(お腹すいた泣き)なので、サービス終了の直前で娘を起こし、ベビーミールをあげました。
(私のごはんの時間に起きてたら大人ごはん食べてたと思う。)


ANAは0歳~2歳まではベビーミール(離乳食)
娘はこの時1歳9ヶ月でやっぱりベビーミールはもう微妙な様子。
(主食の内容はだいたいどろどろのおかゆか、野菜スープ)


10%の運賃じゃチャイルドミール頼めないんですよね。
タイ航空みたいにトドラーミール(1~2歳用の食事)とかもあったらいいな。←希望。
ANAがんばって!!


娘は今回は主食のおかゆはほとんど食べず、小魚せんべいをもっとほしい!!といってきたので追加でいただきました。
(市販の離乳食、おやつは余っていたらしくCAさんに頼んで少しいただきました。)


ベビーミールはビジネスクラスだろうとエコノミークラスだろうと内容は一緒です。
チャイルドミールはビジネスクラスだと違うみたいですね。(見たことないけど。)



ANAビジネスクラスの飲み物の内容



今回はこんな内容でした。



シャンパン他ビジネスクラスの飲み物はガラスの容器に注いでくれます。

この「ロンバルディ キュヴェ ブリュット アキシオーム」っていうシャンパン、かなりおいしかったです。
(3年くらい前にラッキーアップグレードでビジネスクラスで二コラフィアット飲んだけど、その時はあんまり好みの味じゃなかったのでこれはすごく嬉しい♡)

空の上で飲んだら酔いやすいのか2杯しかのめなかったけど・・・残念!
(胃の調子があまりよくなかった)


あとはおとなしくお水をいただいて過ごしました。


ANAビジネスクラスの座席は?



ビジネスクラスといっても機材によってシートの構造は全然違います。
関空~青島便の機材は短距離便なのでシートはこんなかんじでした。
個室みたいなのとかリクライニングがフルフラットになるかっこいい座席(スタッガード)なのは中・長距離便だけ。(それも機材によるみたいです)

今回のシート(座席)はこんなかんじ。



いつもはバシネットが使える一番前の座席指定するんですが、今回は予約で埋まっていたので後ろの座席。


本当にラッキーなことに横の席は空いてたので使えました。
エコノミーだと横の席は空いていたらチェックインの段階でブロックしてくれるので、乳児運賃でもだいたい2席使えるんですが、ビジネスクラスは乗るまでわからなかったのでヒヤヒヤ。


たとえ子供が寝てくれても、自分の膝の上とか抱っこしたままだと何もできないのでかなりしんどいです。
赤ちゃん連れならバシネットか、となりの座席はどっちか事前に確保しておくのがオススメ。


余談ですが、
バシネットの制限体重超えていて、さらに飛行機の乗る回数が多いならジェットキッズを購入してもいいかもしれません。
娘くらいのサイズ(90cm弱)だと座席だとビジネスクラスとはいえ真横にもなれず、小さい体のわりには寝苦しかったかも・・・


うちは飛行機乗るっていってももうあと数回くらいなので購入を断念しましたが、バシネットが使えなくなる大きさの子供からはジェットキッズあったら便利だろうな~とほんとに思います。


子供と帯同するとき(当時7ヶ月)にもラッキーアップグレードでビジネスクラス乗ったり、一時帰国、旅行合わせて年に5~6往復くらいはしているので月齢別赤ちゃん飛行機対策など何かあればコメント欄から質問してくださいね♪




sponserd link

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書いてる人:エリカ

エリカイメージ

海外赴任している旦那さんを追いかけて、2014年の冬に青島にきました。その後出産で一時帰国し、子どもと一緒にまた2016年に中国に戻ってきました。

初めての海外生活。

中国語も話せない、英語も通じない中で生活をサポートしてくださったのは近所に住んでいたの日本人と中国語の先生でした。

当時まだ見ず知らずの私に、本当に親切にあたたかく接してくださいました。

「私もブログを通じてそういう流れを循環させていきたい」 という思いでブログを書いています。

詳しく見る

クリックしていただけると励みになります(*'ω'*) にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ

Facebookページ

RETURN TOP