中国青島駐在妻のブログ♡

空気清浄機のおすすめはこれ!ダイキンは中国でも活躍中!

この記事は2分で読めます

中国に赴任や帯同するにあたって、絶対持っていきたいものは空気清浄機!

私も夫も一番に見に行った家電は、空気清浄機でした。

うちの家には2台の空気清浄機があるんですが、そのうちの一台をご紹介します。

sponserd link

空気清浄機の効果は抜群!においが消える!!


中国に来て一番最初に気になったのは、臭いでした。

飛行機から降りた瞬間から、

「あ、なんか臭う・・・」

と臭いに違和感を持った人は多いではないでしょうか。


部屋の中が無臭ってすばらしい!


私は今でも家の中と外の中の臭いの違いに驚きます。

大気汚染の問題の前に
中国ではゴミ処理が日本ほど徹底されていません。

常にゴミ捨て場のゴミ箱が路上にあるし、屋台で食べたときにでるゴミは道に捨てる習慣になっています。
(夜に集めるシステムなので日中は、そのままです。)

ちなみに、屋台が普段からたくさんあるので、外は基本的には食べ物のにおいがまじっています。

つわりの時は人のにおいも気になって、全く外出できませんでした。

中国人はにんにくを普段から大量に食べること、特に北方に住む中国人(特におじさん)は毎日はお風呂に入らないので、つわり中の妊婦には厳しい臭いでした。

玄関を一歩出ればそんな臭いであふれているのに、家の中は空気清浄機のおかげで健やかに過ごせています。


大気汚染にも負けない、空気清浄機の効果!


中国の大気汚染問題といえば、PM2.5ですよね。

特に中国では乾燥した日、晴れの日はPM2.5の数値が高いんです。

冬は乾燥しているのでほぼ毎日、
夏でも晴れの日は数値が高めですね。

そんな日はたいがい外の空気が真っ白なんですが、家の中の空気はクリーンにしてくれるのが空気清浄機なんです。

sponserd link

空気清浄機は他にどんな機能があればいい?


「加湿」機能はあったほうがいい?


空気清浄機の機能にプラスでほしいのは
「加湿」の機能。

これは冬場に重宝します。

青島は10月~3月はマンション全体をいっせいに暖める暖房みたいなのがあって、冬でも部屋の中は20度くらいに保ってくれるのですが、とにかく乾燥します。

湿度は15%以下になることも・・・

加湿器がないと風邪もひきやすくなるので、
これは絶対ついているものを選んでください。


「除湿」機能はあったほうがいい?


除湿機能は
エアコン又は乾燥機で対応できるなら、なくてもOK!

5、6月は日本でいう梅雨のかわりに濃い霧がでます。

そんな日は湿度が80%を超えるので、洗濯物が全く乾きません・・・

中国ではベランダがない家が多いのと、大気汚染の関係でそもそも日本人は部屋干しをしている人がほとんどなんです。

(中国人は窓の下に物干し竿を取り付けて、干していたりします。)

うちの家は乾燥機はないんですが
エアコンがあるので湿気の多い時期もなんとか乗り切れそうです。


最終的に中国に持ち込んだ空気清浄機はこれ!



・広いリビングで使える
・PM2.5対策ができる
・加湿機能あり

という理由でダイキンを選びました。

使ってみて本当に体感したのは、脱臭効果のすごさです。

私が買ったモデルはもう売っていないので、後継機種を調べてみました。

こちらからチェックできます。

Amazonで後継機種のダイキンを空気清浄機のチェックする!

楽天でダイキンの空気清浄機をチェックする!

空気清浄機選びの参考にしてみてくださいね。

中国で空気清浄機を使うには変圧器が必要?


日本製の空気清浄機を中国で使うためには、変圧器が必要になります。

おすすめの変圧器については、こちらの記事で紹介しています。

中国で使う変圧器!おすすめはどれ?

こちらも合わせてチェックしてみてくださいね。

sponserd link

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書いてる人:エリカ

エリカイメージ

海外赴任している旦那さんを追いかけて、2014年の冬に青島にきました。その後出産で一時帰国し、子どもと一緒にまた2016年に中国に戻ってきました。

初めての海外生活。

中国語も話せない、英語も通じない中で生活をサポートしてくださったのは近所に住んでいたの日本人と中国語の先生でした。

当時まだ見ず知らずの私に、本当に親切にあたたかく接してくださいました。

「私もブログを通じてそういう流れを循環させていきたい」 という思いでブログを書いています。

詳しく見る

クリックしていただけると励みになります(*'ω'*) にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ

Facebookページ

RETURN TOP