中国青島駐在妻のブログ♡

超越文法の評判は?実際に海外で暮らして検証してみた!

この記事は3分で読めます

以前Twitterではオススメしたことがあるのですが、
英語以外にも外国語を勉強している人にぜひみてほしいのがこの教材。


でも超越文法って聞いたことあるけどホントに話せるようになるの?
って思っているあなた!


実際に海外で暮らしている私が
本当に話せるようになるのか、検証してみました。




超越文法の評判は?




海外っといっても私は中国に住んでいます。
今住んでいるところの近所って結構外国人が多いんです。

で、そういう外国人と仲良くなりたいって思ったら、やっぱり英語!


超越文法の英語の語彙の増やし方もかなり目からウロコなんですが、
言語の性格や、英語圏の人の考え方、みたいなのがインストールされて
だからこんな表現するんだ!っていうのがやっと腑に落ちました。

外国人の友達ともまだまだ足りないところもありますが、
わりと普通にお話できてます。

話したい単語がでてこなくて、
もやもやするっていうのはあんまりなくなりました。



あと英語で文章書くのって結構しんどかったんですけど、
超越文法の考え方を知ってから各段に楽になりました。



中国語の勉強にも役立つ?



英語に限らず、中国語でも

・とっさに話したい単語がでてこない
・単語はでてきて通じるけど、文章でちゃんと話せるようになりたい


っていう場面もあると思います。


この講座の中で中国語を学ぶ上で特に役立ったことは

「ある品詞を最初にたくさん覚える」

ということ。
英語と中国語の性格が似ている、でも日本語の性格はこれとは違うんです。


知らず知らずのうちにやってしまいがちですが、
日本語の感覚で単語を覚えていると、かなり非効率なんです。

これを意識して実践すると、発話がスラスラでてくるようになりました。


通訳の仕事をしている人もこういう勉強法をするんだそうです。


相手の言っていることを理解するのは、それなりに語彙が必要なんですが、
自分の言いたい事をいうのってその品詞をたくさん覚えていればスラスラいえちゃうようになりました。



これ、講座の一番最初に教えてくれるんですが、
これだけで私はもう元をとった気がします。

だって、今まで誰もこんなことは教えてくれなかった・・・
今英語や中国語が話せる人でも意識している人は少ないんじゃないでしょうか。



これも超越文法の溝江先生が日本人で
多言語を研究して自分でも13か国語話せるからこそ
教えられることなんでしょう。



とりあえず「ある品詞を覚える」を実践すべく
キクタン中国語の一番簡単な準4級のその品詞だけ覚えたら
かなり話しやすくなりました・・・!!!


その品詞とは一体なんでしょうか?


私が超越文法を始めた理由は2つ!



・中国語の勉強に役立ちそう!って思った
・外国人の友達ともっとスムーズに会話したかった
・新田さんのオススメである



中国語が話せるようになる、とは書いてないんですが

「多言語の学習には役立つ」

って書いてます。


中国語でよく悩む「r」の発音も
英語の「r」の発音を実は似てるなって思ったり。

舌の位置をいちいち細かく考えるよりも
超越文法では一言ですっきり説明してます。


あとは、一番重要なこと書くの忘れてました・・・・

講座のメールが毎回めちゃくちゃ面白いんです。
来たらすぐ開きたくなるかんじ!


最後の新田さんって誰だ!?っていうと・・・
新田さんはインターネットでビジネスをしている人の中では結構有名な人なんですが、
私にとってこういうブログを書こうと思ったきっかけをくれた人でもあります。


超越文法の講座では新田さんが溝江先生のサポートとして
いろいろわかりやすく伝えてくれます。

超越文法の詳しい内容はこちらからチェックできます。


↑とりあえず、これ読んでみるだけでも勉強になります。
(実際のセミナーを受けた人の感想もいっぱい書いてあります。)


もし気になってるけど、買うのはまだ悩むって人は
とりあえず、溝江先生の無料メルマガ読んでみてください。

メルマガも無料とは思えない内容をいっぱい話してくれているし、
たまに動画もあるので、すごくためになると思います。


メルマガ登録はこちら。

・英単語の覚え方
・「r」と「l」の発音のコツ

なんかも無料メルマガでも話してます。


最初に書いたある品詞は私が言うよりも、これは溝江先生からなんでそれなのか、
を聞いたほうが各段に頭にストンって入ってくるので、敢えてここではお話するのはやめておきますね。


他にも気になることがあれば、
コメントでもお問い合わせでも聞いてください♪



sponserd link

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書いてる人:エリカ

エリカイメージ

海外赴任している旦那さんを追いかけて、2014年の冬に青島にきました。その後出産で一時帰国し、子どもと一緒にまた2016年に中国に戻ってきました。

初めての海外生活。

中国語も話せない、英語も通じない中で生活をサポートしてくださったのは近所に住んでいたの日本人と中国語の先生でした。

当時まだ見ず知らずの私に、本当に親切にあたたかく接してくださいました。

「私もブログを通じてそういう流れを循環させていきたい」 という思いでブログを書いています。

詳しく見る

クリックしていただけると励みになります(*'ω'*) にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ

Facebookページ

RETURN TOP