中国青島駐在妻のブログ♡

HSKネット試験の作文はペーパーテストより楽?インターネット受験の感想!

この記事は3分で読めます

最近HSKはネット受験できるので、
試験会場もどんどん多くなってきていますよね。

でもやっぱりペーパーテストと試験形式が違うので、
どちらにしようか迷っている人も多いと思います。


私はHSK3、4級はペーパーテストで受験し、
先日中国でHSK5級のインターネット試験を受けて合格しました。


今回はその時に感じたネット試験のメリット、デメリットを
ペーパーテストと比較して紹介していきます。


sponserd link

HSKのネット試験は作文が楽?メリット、デメリットは?



hsk%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e8%a9%a6%e9%a8%93
HSKのネット受験は
ある条件にあてはまる人には特に作文が楽です。

どんな条件でしょうか?

メリット、デメリットを見ていきます。

ネット試験のメリット



・マークシートに比べてマークする時間が短縮できる

ラジオボタンをクリックして選択する選択するだけなので、
マークシートを塗りつぶす時間が短縮できます。

とりあえず回答を選択しておいて、
あとで答えを変更したいなんてときにもすぐ変更できます。


・リスニングはヘッドホンなので聞き逃しがない

ネット試験ではリスニング問題はヘッドホンで各自受験します。
最初は音声テストで聞こえるかどうかチェックしてから受験をはじめられます。

個人的には大きな教室で放送を聞くよりかは、ずっとクリアに聞こえました。

例えばなんですけど、ヘッドホンでのリスニングだと
「隣の人がくしゃみした」「近くの人が咳をして聞こえなかった」
などの外的要因で聞き取れなかったということはないと思います。

あと、家でリスニングを勉強しているときと同じような感覚で受験することができることもメリットですね。


・作文の単語の並べ替え問題は単語のドラッグで時間を大幅短縮

単語の並べ替えで文章を作る問題は
単語のかたまりをドラッグして並べ替えるだけなんです!

ペーパーテストと条件は一緒ですが、
ここで浮いた時間は5級なら最後の作文に費やせるのでかなり有利でした。

結構難しい単語が多かったので、
もしここもピンイン入力だったら書けなかったかもしれません。


・作文問題はすべてピンイン入力

パソコンでも手書き入力とか選べたらいいんですけど、
私の受験した会場ではすべてピンイン入力でした。

ピンイン入力は慣れている人にとってはすごくはやく入力できるし、
紙受験と違って漢字が正確に書けなくてもOKなのでそこがいいところ。

文章を途中でスムーズに挿入できるので、
とりあえず思いついた文章を書いていけばOK。

挿入を何回しても、画面上の解答用紙に綺麗に文章を書けるのもよかったです。

ネット試験のメリットまとめ


・マークシートに比べてマークする時間が短縮できる

・リスニングはヘッドホンなので聞き逃しがない

・作文の単語の並べ替え問題は単語のドラッグで時間を大幅短縮

・作文問題はすべてピンイン入力

sponserd link

ネット試験のデメリット



・(紙受験でもやっちゃいけないけど)作文問題中に読解問題に戻ったりとかできない

紙受験だったら作文問題中とかでも時間が余った時にパラリと問題用紙をめくれば、物理的には読解問題をみることができるけど、コンピュータなのでそういう余地は全くありません。

でも、どっちにしてもやっちゃいけないことなのでデメリットじゃないですね。笑


・ピンイン入力できないと作文が全くできない

ピンイン入力できない、もしくは慣れていないとかなり時間のロスになります。

私は日常生活で結構ピンイン入力するのでそんなに抵抗はなかったんですが、
普段入力しなれていない人は紙受験のほうがいいと思います。


・ピンインがわからない漢字がでてきたときに困る

HSK5級では作文問題で
「この単語を使って作文しなさい」という問題が1題あるんですが、
5個くらいの単語のうち1つの単語のピンインがわからなくて焦りました。

「試験委員にこの漢字のピンイン教えて!」
って言ったみたんですがやっぱりダメでした・・・

漢字のつくりでピンインってだいたい予測できるんですが、
その時は思い浮けばなくて、後で調べて「あー、そうだったのか!」と悔しい思いをしました。

それでも5つ使わなかったら0点ってことはないとおもうので、
わかる単語を使って作文することをオススメします。

ここだけ紙のテストと比べて不公平感を感じます。


・(会場によるけど)他級受験者終了後の教室内がちょっと騒がしい

会場によるかもしれませんが
受験人数が少ない会場だとパソコンルームで他の級の受験者と一緒の部屋になります。
なので受験時間が短い他の級の受験が終わると、教室内が一瞬騒がしくなります。

大きな会場で受験級によって分かれていればいいんですけど、
パソコンのある部屋という区切りだと難しいのかもしれませんね。


ネット試験のデメリットまとめ


・(紙受験でもやっちゃいけないけど)

作文問題中に読解問題に戻ったりとかできない

・ピンイン入力できないと作文が全くできない

・ピンインがわからない漢字がでてきたときに困る

・(会場によるけど)他級受験者終了後の教室内がちょっと騒がしい


インターネット受験か紙受験か迷っている人は参考にしてみてください。

質問などあれば、ご気軽にコメントください☆


HSKの過去問を無料ダウンロードできるサイト紹介しているので

こちらもチェックしてみてくださいね♪



sponserd link

コメント

    • なみ
    • 2017.05.08

    こんにちは、突然ですみませんがコメント失礼します。

    今、HSKを受けようと思っていて、ネットにするか筆記にするか迷っているので、この記事がとても参考になりました!
    ひとつ質問なのですが、ネット試験の作文の入力のピンインは四声も入力しなければなりませんか?
    ピンインは普段からPC入力でしているのですが、四声も必須となると自信がなくて…

    お返事いただけましたら幸いです。

    • なみ様

      コメントありがとうございます。
      HSKのネット試験ですが作文は普段のパソコン入力と一緒ですよ!
      四声必須なら私もまちがいなく自信なかったです(><)

      受験がんばってください♪

    • なみ
    • 2017.05.10

    ご返信ありがとうございます!

    そうなんですね!一安心です!
    がんばります~!

    • 萌子
    • 2017.07.11

    こんにちは!
    私もペーパーかネット受験か迷っていたので記事は大変参考になりました!

    質問です。ネット受験の場合、問題用紙ももちろんパソコンの画面ですか?それとも回答入力のみパソコンの画面ですか? よかったら教えて頂きたいです!宜しくお願いします。

    • 萌子様

      お役に立ててよかったです(*’ω’*)
      ネット受験は問題用紙はなく問題も解答もすべてパソコン画面での表示になります。
      問題一つに対して、同じ画面上に回答も表示されているので、回答の記入ミス(マークミス)みたいなのもないですね。
      こういうところもネット試験いいと思います。
      試験頑張ってください♪

        • 萌子
        • 2017.07.12

         丁寧にお返事ありがとうございます!!
        ネット受験という形式は初めての経験なので…少し緊張しますが、頑張ります!!

    • youzi
    • 2017.07.25

    初めまして。
    秋に5級受験予定です。お聞きしたいのですが、
    リスニング後半、長い文章を聞いた後、問題が2〜3コありますよね。
    メモ書き用紙とか無しで問題文記憶しないとダメなのでしょうか?

    • youzi様

      ちょっと前なので記憶に自信がないのですが、リスニングでメモ書き等は特にしなかった気がします。
      受験票にちょこっと書いた気がしないでもないのですが、メモ用紙を置くことは許可されてなかったはずです。
      なのでそこはデメリットかもしれません。
      (中国は普通紙に印刷した紙が受験票なんですが、日本はたしかはがきできますよね。)

      もしネット受験してメモ用紙OKだったら教えてください。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書いてる人:エリカ

エリカイメージ

海外赴任している旦那さんを追いかけて、2014年の冬に青島にきました。その後出産で一時帰国し、子どもと一緒にまた2016年に中国に戻ってきました。

初めての海外生活。

中国語も話せない、英語も通じない中で生活をサポートしてくださったのは近所に住んでいたの日本人と中国語の先生でした。

当時まだ見ず知らずの私に、本当に親切にあたたかく接してくださいました。

「私もブログを通じてそういう流れを循環させていきたい」 という思いでブログを書いています。

詳しく見る

クリックしていただけると励みになります(*'ω'*) にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ

Facebookページ

RETURN TOP