中国青島駐在妻のブログ♡

中国ではトイレットペーパーを流さない?中国のトイレ事情!!

この記事は2分で読めます

いまだにトイレットペーパーをトイレに流すのかどうか、考えることがあります。
今回はトイレットペーパーの話も含めて中国のトイレ事情についてご紹介します。

sponserd link

なぜトイレに流さないのか?


台湾にいったときに
「トイレが詰まるから紙はトイレに流さないで!」
とガイドさんから説明を受けたことがあります。

その時の説明は
「日本のトイレットペーパーと違うから、水に溶けない」ということでした。

水に溶けない以外の理由だと、トイレの水圧が弱いとか下水処理が日本ほどちゃんとできないという理由なんだそうです。
台湾と同じように中国のトイレにも、使用済みトイレットペーパーを捨てるためのゴミ箱があります。
掃除がまめにされてないトイレなんかは、このゴミ箱のせいでひどい臭いがします・・・

sponserd link

トイレに流せるかどうか見分ける方法は?


私の経験では
本当につまる(流れない)かどうかはトイレ次第!

自宅


⇒流れる。

半年くらい普通に暮らしていますが、自宅で詰まったりしたことはないです。
タンクのボタンの押しが甘くて流れなかったことはありますが、トイレに不都合を感じたことはないです。
(余談ですがうちの家にはトイレが二つあるので、トイレ争奪戦とかありません。笑)

ホテル


⇒流れる。

一応トイレットペーパー用のゴミ箱もついていたりするんですが、普通に流れます。
ただ排水の設備が甘いのかお風呂の水を抜いたときに、洗面所から水があふれ出たことがあるので、ちょっと不安なところでもあります。
(この時は部屋を変えてもらいました。)

飲食店


⇒水圧の関係で流れないことがある。

飲食店のトイレは8割以上は綺麗ではないので、できればあんまり使いたくないんですが水圧が弱いです。
なので、私の経験上ゴミ箱に捨てたほうがいいです。

他にもびっくりな中国のトイレ事情!


トイレットペーパーがない!!!


日本では当たり前のようにトイレにトイレットペーパーがありますが、中国ではありません。
なので、出かけるときには必ずポケットティッシュを持っていきましょう。

私はそもそもポケットティッシュをあんまり日本から持ってきていなかったのと、中国ではティッシュ配りの人がそんなにいないのもあって、最初は他の駐妻さんからもらったりしてました(>_<)

ショッピングモールなら、トイレの入り口に自販機がある場合もあります。

もし行くトイレが選べる余裕があるなら?


なるべくホテルのトイレに駆け込むのがオススメ。
ホテルのトイレには清掃員さんがいるし、トイレットペーパーもついています。

あと、ちゃんとした「洋式トイレ」なんです。


最近お腹が大きくなってきたのもあって、和式トイレは苦手なんです。。。
(あと、和式は汚いところが多いです。)
なので、よっぽどでない限り行かないようにしてます。

荷物に余裕があるなら追加したいトイレットペーパー


優先順位はそんなに高くないですが、引っ越しの荷物に余裕があるなら追加したいのがトイレットペーパー。
私の家にはウォシュレットがついていないので、トイレットペーパーの使い心地って結構気になるんです。
いずれはなくなるものですが、あると節約&安心して使えます。

試しに買ってみた
中国製のトイレットペーパーは、お尻が切れそうになります(;_;)

青島でも買える日系のトイレットペーパーは
「クリネックス」と「ネピア」

中国のクリネックスのトイレットペーパー

↑クリネックスはこんなかんじで売っています。

クリネックスは10ロール42元で、ネピアは32元くらい。
(でも近所にネピアは売ってなかった・・・)

※それでも日本のトイレットペーパーと比べると、少し固めになっています。

以上、中国のトイレ事情でした~♪

sponserd link

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書いてる人:エリカ

エリカイメージ

海外赴任している旦那さんを追いかけて、2014年の冬に青島にきました。その後出産で一時帰国し、子どもと一緒にまた2016年に中国に戻ってきました。

初めての海外生活。

中国語も話せない、英語も通じない中で生活をサポートしてくださったのは近所に住んでいたの日本人と中国語の先生でした。

当時まだ見ず知らずの私に、本当に親切にあたたかく接してくださいました。

「私もブログを通じてそういう流れを循環させていきたい」 という思いでブログを書いています。

詳しく見る

クリックしていただけると励みになります(*'ω'*) にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ

Facebookページ

RETURN TOP