中国青島駐在妻のブログ♡

上海の地下鉄の料金と乗り方は?アプリで乗り換え検索もサクっと!

この記事は3分で読めます

先日上海に行ってきたときに初めて中国の地下鉄に乗りました!

行く前には夫から地下鉄の乗り方について指南され・・・
無事乗ることができました♡

今回は上海の地下鉄の料金、乗り方、乗り換え検索に便利なアプリもご紹介します!

sponserd link

上海の地下鉄の料金運賃は?



上海の地下鉄の料金は大きく分けるとこんなかんじです。

①「单程票」初乗り3元~
②1日券18元(24時間乗り放題)
③3日券45元(72時間乗り放題)
④「交通卡(交通カード)」 本体20元(窓口で返却すると返金されます)


「单程票」: 一回だけ使えるICカード
「交通卡」:SuicaやICOCAのようなチャージできるICカード。バスやタクシーでも使えます!

上海の地下鉄は日本のいわゆる普通の切符もICカードになっています。

また、1日券や3日券は日本と違って、
使い始めてから時間カウントされるので、日をまたいでもOKなチケットになっています。



私はそんなに移動しない予定だったので、单程票をその都度買っていましたが、
地下鉄だけでたくさん移動する日は1日券、バスやタクシーも使うのなら交通カードを使うと便利だと思います☆

sponserd link

交通カードの残金は返金される?



交通カードは返金処理できます!

ただし、普通タイプの交通カードだけ返却&残金払い戻しができます。
キーホルダータイプ、記念カードタイプは返却や払い戻しできないので注意してください。

交通カードの返金は以下のようになっています。

カード残金が9元以下 :最初のデポジット20元+残金全額を払い戻し
カード残金が10元以上 :最初の デポジット20元+残金の95%を払い戻し

ちなみに、有効期限は最後のチャージから2年間です。



上海の地下鉄の乗り方は?



切符(単程票)の買い方



%e4%b8%8a%e6%b5%b7%e5%9c%b0%e4%b8%8b%e9%89%84%e5%88%87%e7%ac%a6

切符(単程票) の自動販売機はお札と1元コインと両方利用できます。

中にはお札不可の自動販売機もあるので、1元コインを多めにもっておくと切符を買うのに便利です。

(たまになんですが、お札可能な自動販売機には行列ができてしまうこともあります。)

両替は窓口でもお願いできます。


自動販売機の画面はこんなかんじです。

%e4%b8%8a%e6%b5%b7%e5%9c%b0%e4%b8%8b%e9%89%84%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%97

1、まず一番下の乗る路線を選択
2、それから行先の駅を選びます


路線を選択すると、その路線の路線図が拡大されるので、感覚的に選べてすごくよかったです。
日本は切符の自販機は金額の一覧表示ですが、日本もこういう感覚的に選べる自販機にしたら外国人にも買いやすいのではないかなぁと思いました。

交通カードの買い方



交通カードは駅の窓口で買えます。

20元はチャージではなくてカード本体の料金です。
マイナス残高になったときに1回だけデポジットを使って処理してくれるシステムになっています。

10元ごとにチャージできるようになっています。
返金については上記参照してください☆

sponserd link

改札の通り方



%e4%b8%8a%e6%b5%b7%e5%9c%b0%e4%b8%8b%e9%89%84%e8%8d%b7%e7%89%a9%e6%a4%9c%e6%9f%bb

切符を買ったら、改札を通る前に荷物検査があります。
検査っていっても空港と違ってパソコンだしたりしなくていいので荷物をそのままベルトコンベアに置けばOKです。


改札を通るときはICカードを1回だけタッチします。
液晶があるところでは認識されたことが画面表示でわかるんですけど、
音も出ないので液晶の出ないところではぱっと認識されたかどうかわかりません。


とりあえず認識されてなかったら改札は通れないので、何回もタッチしないようにしましょう。
「あれ?」って思ってタッチしすぎると無効になってしまう可能性があるみたいです。

どっち方面に行く?



ホームに降りる前にどっち側に行きたいのか迷うかもしれません。
私も上海の地下鉄に初めて乗った時は、どっち方面がよくわかりませんでした。


そういうときは一回下りてみるとすぐわかります。
ホームに降りると、路線図がこれから行く方面は濃い字でカラーかいています。
逆に反対方面は薄くなっているので、一目でわかるようになっています。
慣れない路線図を見て地上であたふた調べるより、ぱっとわかるのでオススメ。


ちなみに駅の○○方面というのは「路線図の一番端の駅(終点、始発)」の名前が書いています。
路線図が手元にあったらその路線の端の駅を調べると行きたい方面がわかります。

%e4%b8%8a%e6%b5%b7%e5%9c%b0%e4%b8%8b%e9%89%84%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%97%e8%b7%af%e7%b7%9a%e5%9b%b3

参考:上海地铁

改札を出るときは1回きりのカードは回収されるので差込口に入れましょう。
タッチしても改札の外には出られません。

私が一生懸命タッチしてたら、親切な中国人が「插插(差してさして)」と教えてくれました。

sponserd link

上海の地下鉄もアプリで乗り換え検索が便利!



ジョルダンみたいに乗り換え検索ができるので、
私は中国では百度地図というアプリをずっと使っています。


青島でもバスの路線検索ができて便利ということで紹介していたんですが、
もちろん上海の地下鉄も網羅してます。

百度地図はこちらからダウンロードできます。


ピンイン入力は慣れてないと結構ストレスなので
携帯で日本の漢字+中国語の手書き入力をできるようにしておくとスムーズです。



地下鉄車内はwifiがあるんですが、SMSで認証されるので中国国内の電話番号がないとつなげません。
もし番号を持っていないなら、地下に降りる前に忘れずに路線検索しておいてくださいね☆




sponserd link

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書いてる人:エリカ

エリカイメージ

海外赴任している旦那さんを追いかけて、2014年の冬に青島にきました。その後出産で一時帰国し、子どもと一緒にまた2016年に中国に戻ってきました。

初めての海外生活。

中国語も話せない、英語も通じない中で生活をサポートしてくださったのは近所に住んでいたの日本人と中国語の先生でした。

当時まだ見ず知らずの私に、本当に親切にあたたかく接してくださいました。

「私もブログを通じてそういう流れを循環させていきたい」 という思いでブログを書いています。

詳しく見る

クリックしていただけると励みになります(*'ω'*) にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ

Facebookページ

RETURN TOP