中国青島駐在妻のブログ♡

年賀状を海外からと海外へ送るには?文化はある?

この記事は2分で読めます

海外へ年賀状を送りたい、
海外から年賀状を送りたい場合もあると思います。


今回は海外との年賀状をやり取りする方法をご紹介します。


sponserd link

年賀状を海外へ送る方法


年賀状の海外への切手代は?


海外への年賀状は年賀状に
「+18円の切手」を貼るだけでOK!


切手のない普通のはがきで送る場合は
70円分の切手を貼り付けて送ってください。


sponserd link

年賀状の海外への書き方は?


以下の画像のように書いて下さい。


年賀状海外書き方


出典:https://www.post.japanpost.jp/int/ems/greeting/situation/newyear.html


文字が少し小さいので書き起こします。


①年賀はがきに18円分の切手を貼る。
②お年玉くじの部分や「年賀」の文字を切り取ったり
消したりする必要はありません。
③宛名面のあいているところに「AIR MAIL」と「POST CARD」と書きます。


ポイント
・はがきは横にして使用します。
・差出人の住所氏名は上辺に、受取人の住所氏名は下辺にそって書きます。
・住所は英語・フランス語または送り先の国で通用する言語で記入します。
・はがきデザインキットでは、海外宛ての年賀状に適した宛名などを印刷することはできません。


意外と忘れやすいのですが、
国名は英語で書くようにしましょう。
(郵便局の人がわからない可能性があるため)


中国へ年賀状を送る場合


中国へ年賀状を送る場合は
簡体字のほうが望ましいですが、日本の漢字を使った住所でも届きました。


書き方も日本の年賀状と同じく縦書きで大丈夫です。
中国の場合は国名も漢字で大丈夫です。


海外への年賀状はいつ頃届くの?


中国の場合は
約1ヶ月で届きました。


海外には日本のように年賀状を1月1日に届くように配達する、という文化がないので
もしこの日を狙うなら12月1日くらいにポストに投函すると
年始あたりに届くと思います!



年賀状を海外から送る方法


海外から年賀状を送る方法をいくつか紹介します。


①ポストカード(はがき)に年賀と書く


切手の下に「年賀」と書いて日本に送ります。


ただ今のところ、
国際郵便で「年賀」と書いているものを
必ず年賀状として扱われるかどうかは保証されていません。


郵便局の人が年賀の文字に気付いてくれれば
日本の年賀状と同じく元旦に届くように配慮してくれるでしょう。


②年始に届くようにポストに投函する


中国なら1ヶ月前頃に、
他の国なら通常の国際郵便が届く時期を狙って
年賀状を出してみましょう。


元旦ぴったりは難しいかもしれませんが、
年始には届くはずです。


③クリスマスカード兼ニューイヤーカードにする


これだとまちがって年内に届いても恥ずかしくありません。


クリスマスカードを送る文化のある国なら
これにあやかって送るのもいいと思います。


④ネットの年賀状作成&発送サービスを利用する


業者に依頼するので
確実に元旦に年賀状を送ることができます。


年賀状発送サービスをチェックする!


年賀状は海外にも文化はある?


中国、韓国、台湾にも似たような習慣があります。


中国でははがきではなくて、
きり絵のようなグリーティングカードが売られていました。


もし日本に年賀状を送りたい時は
今いる国の雰囲気があるカードを送ると
送られた相手も喜んでくれるのではないでしょうか。


雑貨屋さんなどを覗いてみると
いいものがみつかるかもしれませんね☆

sponserd link

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書いてる人:エリカ

エリカイメージ

海外赴任している旦那さんを追いかけて、2014年の冬に青島にきました。その後出産で一時帰国し、子どもと一緒にまた2016年に中国に戻ってきました。

初めての海外生活。

中国語も話せない、英語も通じない中で生活をサポートしてくださったのは近所に住んでいたの日本人と中国語の先生でした。

当時まだ見ず知らずの私に、本当に親切にあたたかく接してくださいました。

「私もブログを通じてそういう流れを循環させていきたい」 という思いでブログを書いています。

詳しく見る

クリックしていただけると励みになります(*'ω'*) にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ

Facebookページ

RETURN TOP